アウトドア用サンダルのおすすめはコレ!

4 min 9 views
アウトドアサンダル
くらげパパ

くらげパパ

妻と2人の子供と暮らす30代会社員。
憧れだった ”起業” ”複業” を実現
するため、妻の機嫌を取りながら
日々奮闘中!!

FOLLOW

今年はアウトドア用のサンダルをどれにしようか?と悩んでいる方に「montbell」のロックオンサンダルのレビューと「テバ」のサンダルをご紹介します!どれにしても公開は無いと思うけど!決め手は「オシャレ優先」か「アウトドアでハードに使う」かがポイント!!ぜひ参考にしてください!

どもっ!!  クラゲマンです!!

今日は久しぶりに買い物をした。

これが、自分としては珍しくなかなか良い買い物だったので、紹介しようと思う。

それがこれ!

出典:Amazon

「mont-bell」のロックオンサンダルだ。

これまでも言ってきたように、我が家はこれからアウトドアの方向へ向かっていく。

それがライフスタイルになる。

そんなときにビルケンだキツイな~、なんて思い始めていたときに出会えた1足♪

サンダル市場の2強

じゃあどんなサンダルが主流なの?と思っていろんなサイトを調べてみた。

すると、「Teva」と「チャコ」というサンダルが有名なようだ。他にも「keen」というブランドもあるが、こちらはサンダル+靴の要素が強いので今回は除外。

他にも無いかな~と思いながら検索検索…

すると、なんか少し変わった形のサンダルを発見!

え?めっちゃ安くない? 

すぐに近くのお店に試着しに行き、あまりの安さとユニークさ。そしてアウトドアブランドという信頼感で即決で購入。

それでがこれ「mont-bell」のロックオンサンダル!

mont-bell ロックオンサンダル概要

伝わるかな? 足の指から足首までの、甲の部分を抑えてくれる紐が丸ヒモ。

中心から外に向かって半円になるように取り付けられている、独特な形。

横から見ると、こんな感じ。ソールは2層構造になってて、足にあたる方は柔らかく、地面に当たる部分は固い構造になっている。

裏にはしっかりとモンベルのマーク。外でのグリップも良さそうです。

でもって、甲の部分の調整は、丸ヒモとそれを支える平ヒモを動かして調整するイメージだ。

モンベルのお店に行くと若いカップルが試着していて、店員さんと何やらやり取りしていた。聞いているとどうやら希望のサイズが無かったようだ。

そのあと、その店員さんに聞いてみると、この種類のサンダルはすぐ売り切れてしまうらしい。ちょうど昨日入荷してきたが、もう黒のMサイズ(ロックオンサンダル)は売り切れたとのことだった。

そんな情報も手伝っての即決かも 笑
とはいえ、この値段なら不満は無い。だってさっき言ったTevaやチャコはだいたい7000円代~。しかも見た目も結構ゴツゴツしている。
(※もちろんそのぶん強度や質は担保されているんだろうけどね。)

それに比べて、モンベルのこの種類のサンダルは安いもので2000円代~。同じ形でかかとのヒモが無いタイプが「ソックオンサンダル」といってこっちの方が人気みたい。

私はアウトドアの要素が欲しかったので、かかとにヒモのある「ロックオンサンダル」をチョイスした。

「そこまで高い質は求めてないな~」
「むしろ安いほうが良いな~」
「そこそこアウトドア向きなら十分」
という私みたいな人にはお勧めの1足だ。

(↑写真:見苦しかったので足指は加工W)

個人的にはこの横からのフォルムが一番気に入っている。アウトドアに限らず、街用としてもガンガン履き倒したい1足になりそうだ。

迷った1足!Teva(テヴァ)は次に買うのだ!

最後の最後まで迷った1足がコレ!

たぶんね

アレなのよ

ガシガシいろんな環境で使い倒すなら、たぶんこっちがオススメ!

モンベルのサンダルももちろん良いんだけど、砂汚れが付くとなかなか取れないんだよね・・・

テバはソールが完全に樹脂でできているから、汚れや水場にも強い

出典:Amazon
出典:Amazon

ということで以上、「今年の夏はどんなサンダルでアウトドアライフを乗り切る??」と迷われている方の参考になれば幸いです!!

じゃーねー!!

くらげパパ

くらげパパ

妻と2人の子供と暮らす30代会社員。
憧れだった ”起業” ”複業” を実現
するため、妻の機嫌を取りながら
日々奮闘中!!

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事