素人ブロガーがグーグルアドセンスに一発合格した3つの理由!

53 views

どーも!駆け出しブロガーのくらげパパです!

ブログを始めて6か月目で初の Google AdSence 申請!そしてなんとまさかの一発合格!

拍手ーーーー!!笑

自分でも驚きの結果になりました。いろんな記事を見ていると合格まで苦労している方が多い印象なので、自分のサイトを素人なりに検証して理由をお伝えします!

※あくまで素人による個人的分析です!!

アドセンス申請から合格までの道のり

ブログ開始から6か月が経った11月。いよいよアドセンスに登録してマネタイズの1歩を踏み出すぞ!と意気込んで申請作業を開始。

しかし、ネットで調べていると「アドセンス落ちた!」とか「2回目の申請でやっと合格!」とか…ネガティブなことがたくさん書いてありました。

「これは相当大変なんだろうな~」

「まあダメ元だな。。。」

なんて、かなり後ろ向きに申請作業を開始。

「申請作業完了しました!審査が終わるまでしばらくお待ちください。」

「ふう。申請は終わり。。。」

そして2日後……

まじでーーーーーー!!!!?

良いのーーーーーー!!!!?

ということで、まさかの素人ブロガーが奇跡の一発合格となったわけです。

正直申し上げると、約7ヶ月の間ブログを運営していたなどとはいえ、書いた記事はたったの19記事。自分でも驚いています。

でも、せっかく合格になったのでそこには何か訳があるのだろうと思うわけです。なので現時点での自分のブログの状況を可能な限り分析してみました。そこで見えてきた3つの理由をお伝えします。

アドセンス合格の3つの理由(素人分析!)

記事数は30記事も要らない、要るのは長期間の継続?

ここで特別に(笑)

私が今日まで書いてきた記事の詳細を表にしてみたので、謹んで公表致します!

アドセンスに合格するために!的な記事でよく書かれているのが最低20~30記事は書くこと というものです。

上の表を見ていただきたい。一番左列が記事数をカウントした数字なんですが、ご覧いただければ分かるように私がこれまで投稿してきたのは「18記事」だけ!少なっ!!!

しかもそのうち18記事目は「アドセンス審査」に申請した直後に書いたやつなんですね。なぜ書いたか?そりゃグーグルロボット様に認知してもらいたいからですよW

つまり、実際申請前に投稿していた記事は 17記事 だけということがお分かりいただけるかと思います。しかもたった17記事を書き上げるために要した期間は…6ヶ月。ゴリゴリのプロブロガーさんが見たらお叱りを受けそうな更新スピードですね。。。(これからはもう少しがんばりますっ!)

ということで「記事数20~30記事はマスト!」というのは信憑性が薄いかもという結果になりましたね。

むしろ重要なのは6ヶ月間毎月1記事は書き続けてきたという継続性ということかもしれません。

特化ブログではない。雑記ブログでも受かったよ!

続いて注目してほしいのは、先ほどの表 左から2列目「タイトル」欄です。

アドセンス合格へのアドバイスをしている書き込みなんか見ていると「特化ブログをグーグルは評価するからジャンル選定をしっかりするべし!」

との書き込みが多く見受けられました。  私のブログって全然特化してないんですよね。。。本当は「新しい時代の働き方」みたいなのを実体験でお伝えしたいのですが、軸はブレブレでございます。はい。

ブログに関する記事があったと思ったら、サンダルの評価記事を書いてみたり。起業・複業の記事があると思えば会社の紹介をしてみたり。「絵本」や「すのこ」やもうぐちゃぐちゃです。

ところが、こんなブログですらグーグルのメガネに適ったわけなんですね。

つまり「特化ブログで挑むべし!」も、必ずしもそうではないことが分かります。ただ、ブログのトップページのタイトルに「働き方」の文言を含ませていて、それに関する記事も2つくらい書いているから、そこを評価された可能性もあるかもしれませんね。

とはいえ特化ブログといえるような構成ではありません。

記事ベースでみたら雑記ブログですから。「特化ブログ寄りの雑記ブログ」とでも言っておきましょうか。 てきと~でゴメンなさいm(__)m

つまり、あなたがいくつか記事を書いているのなら、そのタイトルから2つくらいまとめれそうな言葉を見つけて無理やり特化っぽく見せるのも手だと思います。

もちろん記事の中身が、ちゃんとあることが前提ですよ!?

1記事5000文字必要?そんなに要らない!要るのは自分が書いた事実!

そして、ここが一番お伝えしたかったポイント

1記事の総文字数は5000文字!

というのもよく言われているみたいで、これってめっちゃプレッシャーじゃないでしょうか?だって5000文字って400時詰めの原稿用紙13枚分ですよ?そんなに書けるか!っていう話ですよね。

もちろん

書くことが大好き!

とか

言葉がスラスラ出てくる!

なんていう特殊能力を標準装備していらっしゃる方は良いでしょうが、私みたいなごく普通の一般人では目がくらむような数字なんですね。

だから記事を書くときに 正直 「文字数」って全然意識してなかったんです。だってそんなの決められたら苦痛じゃないですか?楽して楽しく稼ぐ!という私のモットーに反するんですね。うん。

ただ 今回せっかくなのでいままでの記事の文字数を調べてみることにしました。恐る恐る…

で、先ほどの表をもう一度見てみましょう

はいっ!!

一番右の列ですね 文字数!

実は記事の文字数ってわからないんですよね 調べるために新しいプラグインを入れる羽目に。。。まあ でも今後も調べる機会があるだろうからしぶしぶ入れました。

気になる人はワードプレスログイン画面から、プラグインで下記を検索してみてくださいね

WPで記事の文字数を調べるプラグイン
【WP Word Count】

そして改めて(というか初めて)自分のこれまでの記事を確認。文字数を見てみる。

なんと…

過去記事での最大文字数は4000文字 そして最小文字数は497文字 平均文字数は2033文字という結果に。

もっとがんばらんといかんですね~・・・

とはいえ、今回この結果でアドセンスに合格したということは 「最低1記事5000文字は書きなさい」という常識にも  がつきますねー。

アドセンス合格までのまとめ

ということで長々と常識的なことを否定してきましたが、もちろん僕が言っていることもただのまぐれで、1ヶ月後にはこの常識は変わってるかもしれません。

でもいまの私が自分の経験から言えることは 以下の5つ!!

1、記事数は10記事以上あれば良い
2、毎日の継続よりも長い期間の持続が大事
3、特化よりも雑記ブログみたいな中途半端でもOK
4、文字数は2000文字を目指そう!
5、文章下手でも良いから自分の言葉で書こう

素人ブロガーのくせに偉そうなことを言ってすいませんでした。。。記事数も文字数も少ないクセに!ですね。

とはいえここからがマネタイズに向けた第一歩!

私の体験が、少しでも皆さんの参考になれば幸いでございます~~!一歩ずつでも確実に脱会社依存に向けてがんばるぞー!!

関連記事