【Adobe Brakets(ブラケッツ)】プログラミング初心者向けテキストエディタを入れてみた!

69 views

どーもー!!

クラゲパパでーす!!

私がやっている複業の一つに「ホームページ制作」があるんだけど

いままでは何も考えずに WordPress を使って作ってたわけです。だけど、あるときWordPressのカスタマイズをしようと思ったら、「HTML」「CSS」の知識があったほうが良いなと

そう思うようになったわけです

そこでまずは環境を整えなきゃ!!ってことで今回は私が入れたテキストエディタについて記事にしてみます!

インストール自体は難しくないけど英語だからやや苦手な人には参考にしてもらえると思います!できるだけキャプチャで紹介するので気になった方は見てみてくださいね♪

アドビ・ブラケッツ(Brakets)ってどんなの?素人感想

アドビ・ブラケッツ…

ブラックビスケッツみたい笑

冗談はさておき

Braketsはアドビ社が無料で提供しているテキストエディタです!

テキストエディタって正直めっちゃたくさんあるんだけど、私みたいな初心者にはそれほど大きな差って分からないんですよねWW

ということで素人の私が選んだ基準はこちらです!プロの方はご遠慮下さい笑

✔ 有名であること!
✔ 立ち上がりが軽いこと
✔ 開始タグいれると終了タグが自動入力
✔ コーディングしながらプレビュー

実はプログラミングの練習用に「Progate」を使っているんだけど、プログラミング練習しながらプレビューが見れたり、開始タグと同時に終了タグが入ったりするんですよね…

これがとても便利で…

同じような機能を求めて今回入れたのが「Brakets」だったわけです

それ以上でもそれ以下でもないです笑

ね?

素人所感でしょ??

ということで、じゃあ実際に入れていきましょう♪

アドビ・ブラケッツ(Brakets) 素人が入れてみるぞ!

まずはブラケッツのホームページにいきましょう

Braketsをダウンロードをクリックします

そして、通常のダウンロードと同じようにダウンロードしていきましょう!

インストーラを開くと下記のような画面になりますので「Next」を選択

そして、「Install」をクリックしましょう!!

インストーラーが動いてインストールが実行されます!
その後下のような画面になればインストール成功です
「Finish」を押して終了しましょう!!

めちゃめちゃ簡単でしたよね?笑

どれかのファイル上で右クリックしてみると、こんな感じで「Open with Brakets」という項目が増えてます!!

ということであとは編集したいファイルをBraketsから開くだけで編集できるようになりましたー!!

ちなみにプレビューを見ながら編集するのはこんなイメージです♪

ということで今日は素人の私が使っているテキストエディタ「Brakets」を紹介しました!気になった方は是非使ってみてくださいね♪なんせ無料ですから!!

ではまた♪

関連記事