複業の始め方

53 views

こんにちは!

毎日元気に複業しすぎて、もはやなにが本業かわからなくなってしまった…複業沼にドはまり中のくらげパパです!

でも改めて、こんなことが言える日がくるなんて、今の私には夢のようで本当にありがたいです。

「複業」なんてエラそうに言ってますけど、そこからの収入なんてまだまだ微々たるもので…(マジ!)なんか忙しくなるばかりで大丈夫かな?なんて不安も、無くは無い!!笑
でも、「なにもしなければなにも変わらない。良くも悪くも。」が私のモットーなので、このまま前進あるのみ!かな。

「複業」なにから始めた?

そんな私の「体験談」を今日は書いておこうと思う。

注意してほしいのは「体験談」であって「成功体験」では無い!ということ。チェック!

これは以前下の記事でも書いたけど

そもそも私は、ひとつの会社で一つの仕事だけをして決められた道を歩き続けるという働き方に疑問を持っていて、「もっと自分の時間が欲しい」「もっと自由度の高い仕事が良い」「とはいえ片足はサラリーマンでいたい」というわがままな思いがあった。

そして今は、自由度割と高めのオフィスワーカーという仕事をゲットし、次なる目標である、複数の事業をすることに向けて邁進している最中なのだ。

冒頭「あくまで体験談」にすぎないと言ったのはそういうこと。まさに今動いている最中だからどうなるかなんて分からない。だから、参考にはならないかも。

とはいえ、ここまで動きが出てきたのは事実だから、なぜこうなったかということだけでも皆さんにお伝えできればなって思ってます。

複業ステップ1「その手のセミナー出まくり!」

ちょっとググったら分かると思いますが、世の中には「起業‥‥セミナー!」「自分を磨いて夢を叶える方法!」「起業コンサルが教えるはじめの1歩!」…すべて適当ですが…こんなセミナーが、きっとあなたの街にも溢れているのではないでしょうか?

あやしい!!

というのが素直な感想…(真面目にやられている方、本当に申し訳ありません)

とくに「無料」を前面に押し出している「コンサルタント」のやってるセミナーなんてめっちゃ不安でしゃーないっすよね?

そんな気持ちを抱きつつ…

まずは受けるだけでも!ということでいくつかのセミナー「自分磨き系」に参加してみた。そこでは、いろいろと自分磨きや本当にやりたいことを見つけるためには自分の中の価値観を見つめ直す必要がある!それは自分では難しいこと!お手伝いしましょう!

いまなら受講料10%オフ!

と、キレーに予想通りの展開。

ご挨拶だけで失礼させていただきました。

あの、勘違いしないでほしいんですが、別にこういう人たちが全て悪いということでは無いんですよ!?ただ、分かってほしいのは、どうなるか分かんないもんに大金なんかだせるか!

ということ。

初期投資は限りなく低く、それでいてしっかりとした「中身」と「つながり」が欲しいんですよね。

そんなこと考えながらいくつかセミナーに参加したけど、なかなかこれ!ってのに当たらない日々が続いていた。

もちろん自分でも名刺作ったり、HP作る勉強したりしながら。

諦めずに動き続けることってやっぱ大事だと思う。

そしてやっと出会った一つの社会人ゼミから運命が動き始めた。

複業ステップ2 大学講師が主催の「起業ゼミ」

手当たり次第に参加していた中で、一つだけとても雰囲気の違うセミナーに出会った。

それは、コワーキングスペースで月に1回開催し、6か月後に起業を目指そう!というモノ。参加費用は全6回で5000円。なんとお手頃な…

最初は半信半疑で参加することに決めた。

「5000円は払いますけど、最後まで参加するか分かりません。」

「もちろん結構ですよ。途中で辞められることもあると思います。そのときは一部返金しますから大丈夫です。」

え?

わずか5000円でも返金してくれんの?めっちゃ親切やん!

確か以前参加したセミナーって最終的に授業に参加して、半年で15万円。途中辞退で返金はありません。って書いてあった気がする…

そんな親切、丁寧さも相まって初参加。

ドキドキの当日。

そりゃそうだ、最近流行りか知らんけど、こんな洒落た「コワーキングスペース」に入るの初めてですもの。

中に入ると、老若男女20名くらいの生徒希望の方々がすでにいらっしゃるではないか。

「…結構いるな」

ゼミが始まる。

50代手前くらいの女性だろうか。大学の先生というよりは「ちゃきちゃきしたおばちゃん」とうがほうぴったりくる方が出てきた。

そしてまずは自己紹介…「もともとアメリカの○○州の○○大学で講師としてベンチャーの支援や学内ベンチャーを立ち上げるプロジェクトに携わってました……中略…」

おおー

なんかすげー

てか、そんな経験を経て今は国立大学で講師かー。すごいなー。

中略……

そんなこんなで始まった起業ゼミ。

起業と銘打ちながら、実に様々な背景を持つ方々がいらっしゃる。例えば、すでに独立してヨガ教室をやられていたり、いまは派遣社員として相談員の仕事してるけど、いまからメンタルヘルスの分野で起業するんです!みたいな。みんなに共通してるのは「やりたいことが明確!」ということ。

そんな中で私はというと… 何もない!!!

まさかの何もない!笑

え?って思いますよね。そうなんです。実は私、やりたいことないんです!!ビシッ!!え?でも元々起業したかったんですよね?って?そうとも!!でもやりたいことが有る訳じゃないのさ!!

ということもあって最初の温度差はとても気まずかった。。。

起業ステップ3 とにかくやる!

で、どうしたかというと、とにかくいろんなことをやってみた。

こういうゼミに参加してそこそこの人脈というか知り合いが出来てくると、どこかでイベントやるんですーとか、○○体験教室みたいなのやろうと思ってるんですー、みたいに人手がかかるイベントの話が耳に入ってくる。

そういうときにはすかさず「ボランティアで手伝います!」とか「運営サポート手伝いますよ?」って声かけてました。

人により迷惑の無い範囲で、でしたけど。

じつはこういう個人でやるイベントとかセミナーとかって、本当に人手が足りていないケースが多々あるんですよね。そこでボランティアでお手伝いします!って言うと結構喜ばれるんですよね。

もちろんこっちにも裏目的みたいなのがあって…単純に人脈を広げたいってことですね。こういうイベントとかセミナーとかをお手伝いすると、それに携わる「関係者」も結構いたりして、休憩時間なんかに会話してると波長の合う人に出会ったりするんですよ!マジで!

その頃手伝っていたコトの一例は

1、地方創生イベント(酒祭り的な)
2、小学生向けの事業創出講座サポート
3、環境省主催の環境イベント運営サポ

みたいな感じ。

だいたいはイベントの手伝いだったし、基本的に無給のボランティアとして運営のサポートを行っていた。そう、あくまで無給で! 月に3~4回くらいは休日の土日祝は不在にしていた。いま考えても、よく奥さんOKしてくれたなと思う。子供も幼稚園・小学生で外に連れて行ってほしい盛りだったろうに。

でも、そのサポートがあったからいろんなところに顔出すことが出来て、いろんな人に出会うことが出来た。感謝しかない。。。

そして今につながっているんだと思う。

別に無給をお勧めするわけではないけど。「またあいつ呼びたいな」って最初に思ってもらえることも大事だと思ってる。そして、ボランティアで手伝うことで、いつか面白い出会いにつなげてあげないと!って思ってもらうことも大事。私の場合、そのためのハードルを下げる手段のひとつが「無給ボランティア」だったわけだ。

複業はじめかた まとめ

本当に、私が複業を始めたときのことを書きなぐっただけになってしまった。

でも、これらの中にも様々な注意点やポイントが含まれているので、気になった方はしっかりと読み直してほしいと思う。

まず、言えることは

1、複数の仕事を動かせる環境を作る
2、環境を作ったらすぐにアクションする
3、怪しいと思ったら逃げる!(大事)
4、見返り求めずいろんな場に参加する
5、価値観近い出会いあったらつながり続ける

ということだ。

私の場合は、たまたま運が良かったこともあって、動き続けていたら個人で地道に活動されているコンサルタントの方と出会い、徐々に一緒に活動するようになってから一気に動きが変わった。

こういう出会いも「いつ」「どこで」訪れるかわからない。だからアンテナを広く張っておくこと!そしてここで言うアンテナとは「人脈」であり「外とのつながり」である。

昔からこの手の自己啓発を読むと、人脈作りとかコネクションの重要さとか書いてあるんだけど、そんな高度な人脈作り自分にはできないよ!って正直思ってた。

だけど、実際自分でやってみて思うのは、そんな難しい、高度なつながりじゃなくて良いってこと。つまりお手伝いとか打ち合わせとか、そんなシンプルなことを社外の人間とやるだけで十分!

難しく考えないでいいと思うし、そんなに及び腰にならなくてもいいと思う。ただ、結局これが一番重要かもしれないから覚えていてほしい。

次回は「動きが加速した出会い」についてご紹介するよ!

じゃーねー!

関連記事