【プログラミング本】1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

91 views

どーもー!!

クラゲパパでーす!!

今日は良い本を見つけたのでご紹介したいと思います!

プログラミングの初心者向けの本!「1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座」です!

ご存知の方もいるかもしれませんが

私は複業で「ホームページ制作」をやってます

ホームページ制作って言っても実際は「ワードプレス」で新しいサイトを制作してあげるだけなので、そんなにハードル高くないんです。。。

でも、仕事としていくからには、専門的な知識も持っておかないと!

ということで何から勉強すべきか悩んでいたときに出会った1冊です

で、実際にやり始めると、いままで何冊も挫折してきた本とは違って、初心者の僕でも理解しながら学習を進めていけたので紹介します!

✔ この記事は
・プログラミング初心者
・WEBプログラミングの本
・まずはHTMLとCSSの学習からやりたい
・読んでて疲れない
・丁寧に教えてくれる
という本を探しているかたにお勧めの記事です!
 

プログラミング初心者の本:1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

最初に愚痴らせて…

タイトルが長い!!

あーすっきり♪

さてさて、この本ですが作者のManaさんはWebデザイナーなどを経験し、現在はWebインストラクターとして教育に携わっておられる方です。

つまり実体験にもとづいたスキル・経験がふんだんに盛り込まれていることは期待できますね♪

目次はこんな感じ!

~目次~

CHAPTER1:最初に知っておこうWebサイトの基本
CHAPTER2:Webの基本構造を知る!HTMLの基本
CHAPTER3:Webデザインを作る!CSSの基本
CHAPTER4:フルスクリーンのWebサイトを制作する
CHAPTER5:2カラムのWebサイトを制作する
CHAPTER6:タイル型のWebサイトを制作する
CHAPTER7:外部メディアを利用する

細かい目次はここでは割愛!

大項目みたらだいたいお分かりいただけると思うけど、「WebサイトとHTMLとCSSの”基本”」をやってから、実際にサイトを構築していくという構成になっています

ということで本当に「初心者」で「プログラミング」を勉強したい!という方にはうってつけの1冊だと思っています

1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座:おすすめポイントを紹介!!

では、さっそく私が ”良い” と感じているこの本の魅力をご紹介!

本のカラーリングが絶妙!

なんのこっちゃですよね笑

でも、わたしが本を選ぶときの基準のひとつに「本全体の色使い」というものがあります

ようするにビビッドな色や原色をバンバン使われているような本だと、「色」に囚われてなかなか勉強が進まないのです

その点この本は基本的に「淡い青」と「オレンジ」「写真」という構成なので読んでいて気が散ったり、疲れたりということがありません。

プログラミング初心者でも理解できる説明!

次に良いと思う点はページ構成と説明の仕方ですね

まずはこちらをご覧下さい!

表を作るというセッションなんですが

最初にタグを説明して、そのあとに「図で」示してくれているんです

こういった細やかな気遣いが、われわれプログラミング初心者には非常にありがたい

タグの概要くらいなら、Google検索すれば出てくるんですが、その概念を理解するというのはなかなか難しくて、こうやって説明してくれると理解が早まります♪

ここはチェックボックスを作るというセッションなのですが

ここでもまずはタグの説明をしてます

そしてコードの内容を記載しているのですが、「なぜこの記述・属性が入っているのか?」ということまで説明してくれているのでとっても助かりました!

1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座: 初心者におすすめの本!

ということで、ここで紹介したのはあくまで一例だったけど、少しでもよさが分かってもらえたかな??

✔ プログラミング初心者
✔ 本で学習したい
✔ Web制作をゼロから学びたい

という方にはお勧めできる1冊です!

ちなみに私は「Progate」というプログラミング学習サイトも利用しています。

相互に取り組むと覚えも早いと思うので、気になる方は見てみてね♪

私は無料の範囲内だけでやっています!

ということで本日ご紹介したプログラミング初心者用の本【1冊ですべて身につくHTML&CSSとWebデザイン入門講座

気になった方は是非挑戦してみてください!

注意!)あくまで初心者向けの本なので、中級者、上級者にはおすすめしません。また、個人的な感想なので参考までに観てもらえたら嬉しいです!

関連記事

1 件のコメント