文系素人がプログラミンを独学する話

67 views

30歳 超えたおっさんが、プログラミングを学びたいと思った訳

どーもー くらげパパです!

わたくしこのブログでも「複業」を掲げていますが、いま収入の新しい柱として考えているのは「Web領域における柱」です。

Web領域における柱って漠然としていますが、具体的にはHPやブログなどによる自分の活動につなげたり、小遣い稼ぎにもなるのかな?なんて安易な目論見もありつつ…

そして何より“時代”ですね。

私には小学生の息子がいるのですが、遊び半分で「Scratch」を教えたらいつの間にか めちゃめちゃ使いこなしてて…

わたくしクラゲパパが感じたことは…「やばい…これは近いうちに標準言語になるぞ」ということ。

いま私たちが使っている日本語、英語、フランス語(もちろん私は日本語のみ!)、、、そういう一般的な言葉としてプログラミング言語が必須になってくるという危機感。

そして間違いなくフランス語よりは身近になってくるという事実!!

つまり、これから生きていくうえでの必須なリテラシー いわゆる「リベラルアーツ」になることは間違いないと思ってます。もちろん「複業」していくうえでも大きなアドバンテージになりますからね。

※複業についてはこちらで詳しく書いてますので興味あればご覧ください
「複業としてのブログ」

プログラミングの学び方を決めよう!

ということでプログラミングを学ぶことに決めたわけですが 「さて どうやって勉強するかな…」といろいろ調べていきました。

やり方としては大きく3つにターゲットを絞りました!

  • 本で学ぶ
  • 学校に行く
  • ネットで学ぶ

では ひとつひとつ見ていきましょう

本で学ぶ

費用:2000円~3000円

時間:自由

進捗具合:正直これは人それぞれ。自由度高いぶん「絶対やる!」と自分で時間を決めて取り組める人でなければ難しいかも

おすすめ: スラスラわかるHTML&CSSのきほん etc

学校に行く(スクール編)

費用:18万円~

時間:土曜日・夜間あり会社帰りも通える

進捗:決められた時間に授業を受けに通う以上一定のスピードで成長できるはず!なにより一緒に学ぶ仲間が居るのは心強いでしょう。

おすすめ:Winスクール、アビバ etc

学校に行く(ネットスクール編)

費用:15万円~

時間:自由

おすすめ: 侍エンジニア塾 、テックアカデミー etc

進捗:学習時間は自由度が高いです。しかし、毎日勉強するとしたら帰宅後 果たしてどの程度自分を律することができるのか。。。やはりここが鍵になりそうですね。

ネットで学ぶ

費用:無料~月1000円程度

時間:自由

進捗:これまで同様に自由度が高い学習スタイルである以上、いかに自分の時間を計画的にしていくかが重要。

おすすめ:ドットインストール、Paiza、Progate、スクー etc

私の学習スタイル…無料×ネット!!

いろいろ調べた結果、私が最も優先したのは「お金」でした。

なんかお金って言うと聞こえが悪いですね 笑

「費用」にしましょう!

そもそもいまの私は なんでもやってみよう!という段階 その中で自分にあっているものを見つけようとしているのだから いきなり15万円はさすがに難しい。。。 

ということで調べに調べた結果「無料を軸にWeb学習をして 続くようなら有料講座にバージョンアップ!」という手法を選びました。

私が実際に利用しているサイトをいまからご紹介しますが…

あくまで「完全な素人が学ぶための」手法ということをお忘れなく!

そこそこやっておられる方や、すでに何個も案件をやってますって方には向いていませんので あくまでも初心者の自分に合っていた という方法です。

ネットでプログラミング独学に向いている2つのWebサイトはこれだ! (超主観!)

・Progate(プロゲート)

株式会社Progate社が運営する「オンラインプログラミング学習サービス」

まずは数ページの学習画面を読んで その後すぐに学んだコードを入力するという学習スタイル 特別な開発環境を準備する必要もなく Progateでアカウントを作成すればすぐに開始できるサービスです。

正直 無料でここまでできるの??

と驚きが隠せません

実際に私は勉強を開始して数週間ですが まだ無料で利用中です

実際の画面がこちら

まずは 会員登録してログイン

そこまで細かい情報を入れなくても登録できました しかも登録後すぐに利用できてしまうのでかなり便利!思い立ったら即行動ですよ!

そしてログインするとこの画面  

自分がどの言語を学びたいのかを選びます。

ちなみに「言語なんてまだ決まってないし…!」という方にはこんな選び方もできるみたいです  

目的に応じて言語を推奨してくれる機能です

なんて親切な…そして無料だなんて…

実際の学習ページはこちら!

めちゃめちゃ分かりやすくないですか?文章たったの4行ですよ!?それも実際の画面を映しながらの解説なのですんなり理解できるわけですね。

スバラシイ

この学習スライドを4~5ページ見た後 実際のコーディング画面になります。 つまり今見て学んだものをすぐ後に実際に打ち込む訳です だから理解がとても速くなり 学習意欲もぐんぐん伸びるんです。

無料でもかなりのボリュームが学べますが ある程度まで進んだらやはり有料コースを受講することをお勧めします!

有料とはいえ 月額980円 ですから決して高くないですよね。

なのでおすすめの進め方として「まずは無料会員になる」、ここは焦る気持ちを抑えてあくまで無料でスタートしましょう。

私は今回は幸い数週間続いていますが たいてい3日坊主のことが多い だから今までとてつもなく無駄な出費=代償を払ってきました 笑

みんながみんなそうだとは言いません 

言いませんが 無駄な出費は抑えましょう!

ということで無料会員でしっかり基礎レベルを学んで

続いているようなら有料会員になって実践レベルまで学習することをおすすめします。

・schoo(スクー)

続いてご紹介するのは Progate とは少し違う形の学習サイト「Schoo(スクー)」です。

運営しているのは株式会社Schoo(スクー) です。

大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティを提供することを目的に事業をやっておられる会社ですね。

この Schoo(スクー) ですが どうやって学ぶのかというと「授業を受けるように学ぶ」というスタイルです。

つまり「その道に明るい人」たちが 約1時間の授業動画をアップ 見る人が興味のある授業=動画 に参加して視聴するというもの

そして会員登録をすると「生放送授業」は無料

また 過去の授業をアーカイブでいつでも視聴できるようにすることもできます

そうなると有料会員になりますが こちらも先ほどのProgateと同様 

有料会員 月額980円

となっていますね

決して高くないと感じさせる絶妙な価格設定…

では実際の感じはどうか?

 こちらがトップ画面ですね ログインボタンから新規会員登録できます

ただし!ここで注意が必要なのは スクーは実名登録が必須ということ

個人情報をあまり出したく無い人には少しハードル高いなー…

ちなみに私は中途半端に「実名だけどカタカナ登録」にしてますW アウトになったら変更すればいいかなと…

そしてこの新規登録をすると「無料受講チケット×1枚」がもらえるんですね

※顔写真を登録すると更に1枚だそうですが 私は写真は登録していません

ログインすると ↑ みたいに授業をカテゴリーから選ぶことができます

私の場合はプログラミングを選択

するとこういう画面に 

画面左を見てもらうと分かりますが プログラミング言語毎にカテゴリーが分かれていますから迷うことはありません。

Schoo(スクー)ではプログラミング以外にも ビジネスや政治経済、デザイン、自己啓発などの授業があり内容はかなり豊富です

まだ私はそこまで見れていませんが 毎日学習 という自分の第一目標が達成できれば、いずれ受講してみたい授業もたくさんあります

素人がプログラミンを独学する話 まとめ

さてさて ここまで書いてきたように いったん今の私の学習スタイルは決まってきました

学習ツール
1、Progate(無料)で実際のコードを書きまくる
2、Schooスクー(有料)でプログラミング授業を受ける

とにかく無駄になるかもしれない先行投資は避けましょう!

これほんとに大事

失敗したときに心が折れるし、失敗したときがもったいないという思考になっちゃうから

とくに私のような初心者は無料ツールをうまく活用していきましょう!

そして粛々と技術を磨いていき 来るべき「大複業時代」に備えていきましょう!笑

学習の進捗もまたこのブログで発信していきますね。

バーイ!

関連記事